生活の詩のようであり、社会への書簡のようなもの。

貴方の感情に寄り添う、優しい土壌みたいなコーヒーブランドをこしらえています。生温かい血の通ったcontributionを、貴方と、アフリカと、そしてわたし自身に優しく美しく届けれるようになりたい。

Entries from 2018-06-27 to 1 day

『読む』より、『読まない』をぎゅっと大切にしたい。

冊数はあまり多くはないのですが、本を読むのが好きです。 ですが、読みたい本は人間まるまるひとり分の人生でも足りなくなるくらいには、とめどなく溢れます。(そして不思議なことに読めば読むほど、積み重なる本は増えていく!) 世界は主観で構築され「…