生活の詩のようであり、社会への書簡のようなもの。

貴方の感情に寄り添う、優しい土壌みたいなコーヒーブランドをこしらえています。生温かい血の通ったcontributionを、貴方と、アフリカと、そしてわたし自身に優しく美しく届けれるようになりたい。

じこしょうかい(2018年8月版)

◉ わたしを表す言葉

  • なまあたたかい血の通ったcontributionの交差するせかい
  • 「生活の詩のようであり、社会への書簡のようなもの」を百年つくり続ける
  • オルタナティブの発明(not カウンター)
  • おもちゃ箱づくり

◉ わたしを表す筆跡

  • 一九九三年、岡山県倉敷市にて生まれる。
  • 父親の影響で、小さい頃の将来の夢はロボットをつくること。
  • 高校からバンドを始めて何となく社会のレールを見失い始める。
  • 大学はコンピュータサイエンスを専攻。
  • ウガンダに一年間滞在。現地の方向けの交通系Webサービスの開発と、コーヒーの収穫を行なっていた。ここで完全に社会のレールを見失う。
  • まかないだけが載ってる飲食店求人サイトの立ち上げに開発として参加させていただいた。
  • 三年付き合っていた彼女に初めて「芸能人でいうとバナナマンの日村に似てるよね」と言われる。その後、振られる。
  • Cookpad、Recruit、Fringe81、me:newなどでのインターンシップ
  • 同級生3人でOneBox Inc.を設立。ペット領域のCtoCサービスの開発・運営を行う。
  • 同社CTOを退任。
  • 高円寺にて、スペシャリティコーヒー「Colored Life Coffee」を始める。焙煎コーヒーの卸売事業を同時開始。
  • 「Colored Life Coffee」の運営中に始まったコーヒーブランドのプロジェクト「MATERIA」に集中することにし、店舗事業を停止。
  • 現在、自社ブランド「MATERIA」のデザイン・販売および、パートナーとして思想を一緒に醸成して社会実装をする、Webやリアルなモノのデザイン・ブランディング業務を行う。